競馬予想するのに専門誌は必要不可欠?

馬券を予想する際に競馬専門誌は必要不可欠なものだと思います。
とりわけ競馬場においては、破れにくい材質というのは意外と便利なのです。
競馬をやり始めたころは、こんなに固くて厚い意味がよく理解できませんでした。
しばらく競馬して初めてその理由が分かりました。あの固さと厚さでなければ1日中持たないからなのです。
始めに馬券を予想する段階で、細かく書かれた出走表に、色々な情報を書き込み馬券の予想に役立てていきます。
ボールペンがあれば良いですけど、競馬場でとそれをやるとなると赤いボールペンなどがあると便利だと思います。なぜなら、馬券を買う際のマークシートに記入できるからです。
競馬専門紙は下敷きとして活躍する場合もあります。それは一体どういうことかと言うと、競馬場でスタンド席の場合何か字を書くときにとても不便になります。普通の新聞紙とかでは、下に敷いたとしても破れたことがある人も少なからずいると思います。ですから、競馬専門紙はある程度の固さがあるので破れる心配もないですし、安定して文字が書けますね。たかがこれくらいのことでと思う方もいらっしゃるとは思いますが、この少しのことが大事なのです。競馬専門紙の中でも競馬ブックというのを活用しています。これは他の競馬専門誌では見られない、横書きというところに魅力を感じています。

その横書きのどのようなところが良いかというと、競馬場では倍率などが横並びで表示されますよね、その際横書きだと直感的に分かり易いというところがとても気に入ってます。
また本誌の買い目なども掲載されていて、これを参考に馬券を買うことで何度も的中させることができたのでとてもありがたいです。