競馬予想会社の拠点というと、言うまでもなく「ネット」です。

ネットの驚くべき普及が、競馬予想会社の活躍を助長しているのは事実です。

そのため、現在では競馬予想会社の数は相当多数にのぼるようになりました。

たくさん予想会社があれば、それと比例的に優良な会社の数も増えていくわけですが、しかしだからと言って、我々利用者からすると、会社の数が多くなればなるほど、そうした優良な会社を見つけ出すのが難しくなってしまうと言わなければなりません。

そして、当然中には詐欺まがいの予想会社も存在します。

そうした予想会社は、一方的に、予想とおぼしき買い目を推奨しますが、そこにはいかなる情報もなく、それは人の手がまったくかかっていないインチキ予想です。

予想会社である以上、「予想を的中させる」ことを最大の目的としなければならないのに、残念ながらそうした会社の大半は、「顧客を獲得する」ことが最大目的となってしまっているのです。

ですから、当然宣伝広告には非常に力がそそがれ、我々ファンからすると、そうした広告に引っかかりやすくなるといった悪循環が生じます。

だからこそ、競馬予想会社の善し悪しの判断は実に難しいと言わなければなりません。

しかしながら、その部分をクリアしない限り、予想会社を利用する価値が生じないわけですから、我々利用者にとっては実はその部分が一番肝要なのです。

ですから、予想会社を利用する際には、「危うきに近寄らず」のスタイルを徹底して貫くことです。

できるだけ誠意が見られる、カスタマー主体のサービスを展開する会社を選ぶことが何よりも大切です。