夏の宝塚記念

暑い夏の時期、そんな真夏日とも言える中で開催される夏の宝塚記念。
やはり夏の暑さが影響したのか分かりませんが、この宝塚記念のG1タイトルを獲得後、後に悲劇的な道を歩んだダンツフレームという馬がおります。
1988年生まれのダンツフレームは、最強馬誕生の年とされた同年で注目を集めた1頭でした。
マンハッタンカフェやジャングルポケット、エアエミネム、アグネスタキオン、クロフネと言った同年代の古馬と同時に活躍を収めております。
ダンツフレームはクラシックの皐月賞、日本ダービーでも2着と健闘しており、デビューを飾ってから8戦全て上位圏内に付けています。
3歳馬の秋ごろになると、本来の実力が出せなくなったのか、全くと言って良いほどトップに上り詰めなくなり、やっと安田記念で調子を取り戻したかに思えました。
この安田記念の後に臨んだ宝塚記念では、堂々の1番人気でその期待にこたえ勝利したのです。
優勝という輝かしい栄誉とG1初勝利という快挙を成し遂げました。
しかし、この先からは苦難の連続が待ち受けていました。
後に脚に障害ができてレースから引退を余儀なくされてしまい、種牡馬として生産界入りも模索されましたが、この頃の成績不振や血統という理由から生産界入りさえ絶たれてしまいます。
レースを引退してから生産界入りが無理だと判断され、地方馬として地方競馬で再デビューを果たしたのです。
しかし、まだ脚に障害が残っていたため、全く成績が出ずにまたしても引退してしまいます。
その後、肺炎を患い、7歳でこの世を去りました。
G1初勝利を上げながら、何とも運が無いにしてはあまりにも残酷ですが、結果的には寂しい末路となってしまいました。

暑い夏の時期、そんな真夏日とも言える中で開催される夏の宝塚記念。
やはり夏の暑さが影響したのか分かりませんが、この宝塚記念のG1タイトルを獲得後、後に悲劇的な道を歩んだダンツフレームという馬がおります。
1988年生まれのダンツフレームは、最強馬誕生の年とされた同年で注目を集めた1頭でした。
マンハッタンカフェやジャングルポケット、エアエミネム、アグネスタキオン、クロフネと言った同年代の古馬と同時に活躍を収めております。
ダンツフレームはクラシックの皐月賞、日本ダービーでも2着と健闘しており、デビューを飾ってから8戦全て上位圏内に付けています。
3歳馬の秋ごろになると、本来の実力が出せなくなったのか、全くと言って良いほどトップに上り詰めなくなり、やっと安田記念で調子を取り戻したかに思えました。
この安田記念の後に臨んだ宝塚記念では、堂々の1番人気でその期待にこたえ勝利したのです。
優勝という輝かしい栄誉とG1初勝利という快挙を成し遂げました。
しかし、この先からは苦難の連続が待ち受けていました。
後に脚に障害ができてレースから引退を余儀なくされてしまい、種牡馬として生産界入りも模索されましたが、この頃の成績不振や血統という理由から生産界入りさえ絶たれてしまいます。
レースを引退してから生産界入りが無理だと判断され、地方馬として地方競馬で再デビューを果たしたのです。
しかし、まだ脚に障害が残っていたため、全く成績が出ずにまたしても引退してしまいます。
その後、肺炎を患い、7歳でこの世を去りました。
G1初勝利を上げながら、何とも運が無いにしてはあまりにも残酷ですが、結果的には寂しい末路となってしまいました。