競馬を始めたばかりの方

これからやってみようという方はまず、予想の際の情報をどうやって仕入れたらいいかで悩むと思います。

昔のテレビドラマなんかで出てくる情報屋などは以前は競馬場でよく見かけたりもしましたが、最近はほとんどいないようです。

現在はインターネットの普及率がぐんと高くなり、老若男女問わずネットで競馬に限らず、様々な情報を入手できるようになりましたが、まだまだ競馬新聞で情報を入手している人も多いでしょう。

競馬新聞にはこれでもかというほどのたくさんの情報が載っているため全部読んでいたら逆に分からなくなってしまう方もいると思います。

見ているうちに自然と理解できるようになるため、最初は興味のあるところだけ読むといいでしょう。

まず、スポーツ新聞は100円くらいで買えます。

今週行なわれる安田記念予想しています。

出馬表にはそのレースがどこの競馬場で何時からの発走か、そして一頭一頭の詳しい情報が載っています。

馬番と枠番の2種類があるので、馬券を購入する際には馬番と枠番を取り違えないようにしましょう。

紙面の右側には馬名・重量・騎手などの見出しがあります。

新聞記者の予想が◎・△・★などで表記されていたり、過去の成績・血統や調教タイム、馬名の左右に父馬・母馬の名前も記載されており、①や②などの数字が馬名の後にあるものは、中央競馬での勝利数を表しています。

(その馬の両親が過去にどんな成績を残したのかが分かるようになっているため。

)コースの距離別成績も記載されているので、どの距離が最も強いのか判断材料にもなります。

こうした情報をもとに、予想していくことが出来ます。

しかし、最近は先ほどもお話ししたように、インターネットを利用する人が増えているようです。

ネットの場合、わざわざ新聞を買いに行ったり競馬場に足を運ばなくてもいつでも手軽に競馬情報を入手できるからでしょう。

また、競馬新聞ではある程度までの情報や過去の実績しか分かりませんが、ネットの場合は過去10年間や20年間の情報、さらには一つのレースに対しても、色んな人や予想会社が様々な見解を示したりしているので、時間をかければ際限なく膨大な情報を集める事が出来るのです。

そのため、近年は競馬場にいてもパソコンを持ち込んだりする人もいるくらいにと、競馬新聞よりもインターネットで予想を済ませてしまう人が多いようです。

また、インターネットでは気軽に馬券を購入する事も出来るので、競馬の世界においても忙しい現代人にとってはオンラインがより進行していると言っていいでしょう。