競馬の世界の「勝ち組」

的中しなくてもはずれてもいいと思って馬券を購入する人はおそらくいないでしょう。

購入する以上は誰しも的中させたいと思うものです。

逆に言えば、的中することが少ないからこそ、「的中させたい」という思いが強くなるものです。

だからこそ、研究に研究を重ねるわけです。

その研究によって、知らず知らずに馬券検討の方法――というと大げさかもしれませんが――が変わってくるものです。

「経験がものをいう」という言葉はいろいろな分野で耳にする言葉ですが、まさに競馬の世界でもこれは同じです。

しかしながら、好不調の波というのは人間であれば誰しも経験するものです。

これでよいという終わりはありません。

それはわかっている――そう、頭でそれと理解できていても、一度歯車が狂いだすと、どんどん深みにはまっていくのが競馬です。

しかし、競馬の世界にも「勝ち組」は確かに存在し、その仲間入りを果たすべく、人はまた歩き始めます。

何とかして予想の精度を上げたいと念じながら。

では、予想の精度を上げるために最も重要なことは何か、それは「独自の予想スタイルの構築」に他なりません。

「予想スタイル」という言葉はよく耳にする言葉であると思いますが、いささか漠然とした表現です。

わかりやすく言い換えるなら、「信念」とでも言いましょうか。

善きにつけ悪しきにつけ、信念を貫くことで、負けても納得がいく、そして納得がいけば迷いが生じて深みにはまることはないと、私は考えています。