馬にとっても過酷

6月の初夏から、6月の終わりごろにかけてG1シーズンのビッグイベントである宝塚記念が開催されます。
中距離G1としても知られていますし、グランプリレースとしても歴史があります。
ただ、この夏の暑い時期は馬にとっても過酷で、この時期に体調を崩してしまう実力馬も多いです。
阪神競馬場でのレースとなりますが、コースの攻略や他の馬の相手、更には夏の暑さとの戦いになります。
もちろん、当日の馬の状態やコースのコンディションチェックは欠かせません。
2011年の開催で有力馬の1頭として上がっていたトゥザグローリーは、レース開催以前から夏場の消耗と体調不良の心配がありました。
パドックでも元気が無い様子で、歩き方も力強さを感じません。
同年の宝塚記念は、ブランク馬のアーネストリーが勝利しています。
休養から明けたばかりのブランクがあるにもかかわらず、前戦でも実力通りの走りを見せておりました。
パドックの様子でも、歩き方から体つき、そして覇気さえ感じるほどの臨戦態勢を取っていたと言います。
この時期には特に競馬予想も難しくなりますから、特にレース当日に入手できる情報には隅から隅まで目を通しておく事をお勧めします。
夏場の体調不良が無いか、休養明けに強いかどうかなども、過去の実績から判断して馬券を決定すると良いでしょう。

6月の初夏から、6月の終わりごろにかけてG1シーズンのビッグイベントである宝塚記念が開催されます。
中距離G1としても知られていますし、グランプリレースとしても歴史があります。
ただ、この夏の暑い時期は馬にとっても過酷で、この時期に体調を崩してしまう実力馬も多いです。
阪神競馬場でのレースとなりますが、コースの攻略や他の馬の相手、更には夏の暑さとの戦いになります。
もちろん、当日の馬の状態やコースのコンディションチェックは欠かせません。
2011年の開催で有力馬の1頭として上がっていたトゥザグローリーは、レース開催以前から夏場の消耗と体調不良の心配がありました。
パドックでも元気が無い様子で、歩き方も力強さを感じません。
同年の宝塚記念は、ブランク馬のアーネストリーが勝利しています。
休養から明けたばかりのブランクがあるにもかかわらず、前戦でも実力通りの走りを見せておりました。
パドックの様子でも、歩き方から体つき、そして覇気さえ感じるほどの臨戦態勢を取っていたと言います。
この時期には特に競馬予想も難しくなりますから、特にレース当日に入手できる情報には隅から隅まで目を通しておく事をお勧めします。
夏場の体調不良が無いか、休養明けに強いかどうかなども、過去の実績から判断して馬券を決定すると良いでしょう。