過去の実績をさかのぼり

中山グランドジャンプを攻略するため、大障害コースでの実績を紐解くことが必要です。

中山競馬場にしかない、この大障害コースのは、年間2レースしか使用されません。

中山グランドジャンプと、中山大障害という2つの障害G1のみが対象のレースとなっています。

高い飛越の障害と、起伏が激しいという特徴をもつ大障害コースは、豊富なスタミナと高い飛越能力が必要になります。

スタミナは長距離の実績で判断もできますが、飛越能力はこの大障害コースの実績しか判断材料がないといった感じです。

予想を行うにしても、過去の実績をさかのぼり、その馬の実績を調べることが必要です。

近走が不振であっても、この大障害コースで実績を残している馬であれば、かなりの注意を払うことが大切です。

それとは反対にこのコースが未経験であれば、近走で好走、また他の障害重賞などでどれだけ好走していても、その飛越能力がこのレースに関しては信じるに値するかというと、かならずしもそうではありません。

特に関西に活躍の場を置いている馬には、この傾向が強く表れるので実績の掘り下げが必要不可欠です。

もう一つ特徴として、障害レースは休み明けや高齢馬も出走することが多く、これらの馬が馬券に絡むことも多いです。

全馬の当日の人気やオッズをしっかり吟味し、単勝から3連単まで広い範囲で予想をした馬券を購入するのが重要となるでしょう。