多くの有力牝馬が目指すG1レース

桜花賞に次ぐ牝馬クラシック第2弾として3歳牝馬限定のG1レース、オークス。

正式名称は優駿牝馬ですが、一般的にオークスと呼ばれる事が多く東京競馬場の芝・2400mで行われます。

桜花賞・秋華賞とオークスで牝馬三冠競争を構成し、文字通り最強牝馬決定戦として多くの有力牝馬がこれを目指し集結します。

牝馬クラシックレースのほとんどが当てはまる波乱決着の傾向はこのオークスも例に漏れず、2400mと言う3歳牝馬にとっては過酷とも言える長距離のため、距離適性などの理由で人気実力馬が思わぬ敗退をしたり、逆に人気薄の馬が絡んでくることも多く、毎年競馬ファンを悩ませています。

このオークスでまず上位人気となり中心的存在となるのが、牝馬クラシック第一弾の桜花賞の上位入線組で、1着から4着までの実績馬は桜花賞から直行でオークスに向かいます。

さらにはスイートピーステークス、フローラステークスの上位入線馬、そして別路線での実績馬など幅広い活躍での出走馬が多いのもオークスの特徴と言えます。

しかし、オークスでは桜花賞より大幅に距離が延びるため、桜花賞を好走した馬だからと言って必ずしも好走するとは限らず、有力馬は比較的馬券に絡む事は多いですが血統による距離の壁もあり、距離不安はぬぐいきれません。

東京競馬場の2400mと言う日本ダービーと同じ距離は、出走牝馬の全馬にとって未経験の距離であり、スタミナが要求されるレースでもあるため、中距離以上の実績のない血統馬に関しては苦戦を強いられることがほとんどです。

そのため様々な情報が予想では飛び交いますが、冷静に血統や距離適性の有無などは判断すべきでしょう。

さらに、牝馬ならではの体調管理の難しさや輸送による仕上がり崩れなども影響するため、直前の実績に惑わされない方がいいと言えます。

今週行なわれる安田記念予想はこちらへ。

また、牡馬との混合路線で活躍する実力牝馬がこのレースを制している事も一つの特徴となっており、そのような優秀な牝馬は実力で勝ちあがることも多いので、出走馬の牡馬との混合戦での実績などの有無も確認するといいでしょう。

いずれにしても、馬券検討には波乱の可能性を想定して幅広く購入を行う事がこのオークスでは必要となるでしょう。